コ ラ ム (column
 コラムTop <  

 

#101803
フィリピンキューメーカーの現状と問題点

フィリピンでは、フィリピンの有名なプロプレーヤーの海外での活躍が若者に刺激を与えビリヤードプームが興っている。フィリピンでは以前からビリヤードとバスケットボールは若者のスポーツとして定着しており、日本のようにファッションとして盛衰した形跡はない。ブームにより、より多くの若者がこのスポーツに参加しエンジョイしているというべきだろう。

当然の成り行きとして、キューを作るメーカーも繁盛している。アメリカのキューメーカーの場合、ジョージ・バラブシュカやガス・ザンボッティなどの格好のお手本になるキューがあり、更に、現存の巨匠ともいうべき人達の作品を容易に手にすることができるため、キュー作りの基本を学ぶ機会は数多くあるが、フィリピンのキューメーカーの場合には、キュー作りのお手本となるような作品はなく、キュー作りの基本を学ぶ機会はほとんど皆無といってよいだろう。

アメリカのカスタム・キューメーカーの場合、特に、巨匠と呼ばれる人達の作品には独自の工夫や秘密の工程が隠されている。これは企業秘密として各キューメーカーは一切公表していない。目に見えないグリップの下の部分の2カ所の木と木を繋ぐ部分には、経年変化による狂いや、音鳴りを防止するための特別な工夫と細工が必ず存在する。私は今まで巨匠と呼ばれる職人達の作業場を訪れ、どの職人がどのような「企業秘密」に属する工夫や細工をしているかを知っているが、あえてその「企業秘密」をここに公表することは差し控えたい。これらの職人達による企業秘密の工程は大量生産のキューにはないもので、これらの面倒な工夫や細工は優秀な職人によるカスタム・キューの「最大で決定的な違い」といっても過言ではないからである。

フィリピンの場合、このような工夫や細工を施しているキューメーカーはエドウィン・レイズ以外にはいない。エドウィン・レイズの場合には、キュー作りの基本をアメリカで習得したため、キューを作る基本的なスタンスが違うものと見受けられる。彼の場合には、アメリカと日本の気候にそれぞれ合わせた特殊な乾燥室を持ち、塗装剤もアメリカから取り寄せた最高の品質のものを使っている。塗装剤の値段だけでもフィリピンの現地で入手可能なポリウレタン素材と比べ、10倍以上の差があると聞く。

最近、私が特に問題視しているのは、日本人の悪徳業者がアメリカのキューメーカーが創作した優れたデザインのキューの写真をフィリピンのキューメーカーに持ち込み、粗雑で安価なコピー品(模造品)を作らせていることである。私は、誰がクリエートしたデザインなのかも知らされずに製作しているフィリピンのキューメーカーが気の毒でならない。このようなコピー品は私がフィリピンで見ただけでも、ジナキュー、トーマス・ウェーン、ポール・モッティ、エドウィン・レイズ、ジェリー・マクウォーター、ダン・ディシャウ、ポール・ドレクセラー(pfd)、タッド、サムサラ、リチャード・ブラックなど多様である。


優れたデザインを開発創造するには大変な時間、労力と資金を投入しなければならないのは、誰にも理解できるところである。私は、他人が苦労を重ねて開発したデザインのコピー品を作らせるのは犯罪に等しく、日本人としての道義上も許せないことと思っている。私は、他人が創作した商品のコピー品を作らせるのは「刑事犯罪」に等しいと確信し、これを販売することは罪のない購入者を罪に陥れる卑劣な行為であり、一般の消費者(コンシューマー)の方々には、このような安物のコピー品には関わらないことを強くお勧めしたい。これを知らずに購入したコンシューマー達は、広い意味では犯罪に荷担することになるし、後でコピー品であることに気付き恥をかくことになるだけに止まらず、バットが経年変化により曲がってくる可能性も高く、泣きを見ることになり兼ねず、要注意である。このような業者は、後日問題が起きても、販売するための店舗も持たず、所在地もインターネットのオークション販売のため不詳な場合が多く、責任も取らずに逃げる人達がほとんどなのも周知の通りである。

 
Cue Makers in Philippine Current Status and Problems

Because of International success of some of the Filipino players by whom many young generation get motivated, there is a big boom in pool in Philippines. Pool and Basket Ball have been recognized as major sports in Philippines among young people, unlike Japan where pool has been a fashion and always been unstable. It can be said that more and more young people started playing pool in Philippines, because of the boom.

As a natural cause, cue makers are also getting busy. In case of the U.S.A., new cue makers can easily have access to legend cues made by George Balabushka, Gas Szamboti, etc. and by existing great masters. American young cue makers have many chances to learn fundamentals of cue making, whereas in Philippines there is almost no chance to see real thing from which cue makers can learn as to basis.

Every great masters of cue making has many secrets specially about the construction of wood to wood joints which is covered with grip wrapping and invisible. To avoid warping and vibration noise that may occur after using many years, top-notch U.S. makers always incorporates special complicated works and materials which are deemed to be Trade Secrets and they normally never disclose the secrets to the public. I have visited workshops of all the great cue-making masters, and know who does what special wood to wood joints. In consideration that the trade secrets have been created at the result of their long experience, struggle and efforts, I would like to refrain from disclosure at this time. However, it is the fact that this is one of the major and decisive differences from the production cues.

In Philippines, no cue makers, except Edwin Reyes, seem to know and incorporate such a complicated construction as above explained. Edwin Reyes is the only cue maker who learned basic in cue making in the U.S.A. and his basic stance in cue making seems fundamentally different from other cue makers in Philippines. He owns special temperature controlled drying rooms where he maintains Japanese Ambient Temperature and U.S. Ambient Temperature. He also uses special superior quality paints that he imports from the U.S.A.

The main problem that I am currently experiencing is the fact that some bad Japanese businessmen are providing cue makers with photos of excellent designed cues made by U.S. cue makers who must have spent so much time, efforts and expenses into for design creation. Cheap counterfeits are being made by innocent cue makers in Philippines. I feel sorry for the cue makers in Philippines who has no idea as to which design belongs to whom.

I saw many counterfeits of Ginacue, Thomas Wayne, Paul Mottey, Edwin Reyes, Jerry McWorter, Dan Dishaw, Paul Drexler (pfd), Tad, Samsara, Richard Black, etc. during my short stay in Philippines, and they are specially ordered by Japanese suppliers that will end up with victimizing Japanese innocent buyers. I am convinced that counterfeit shall be deemed criminal, and I strongly warn to Japanese consumers that we should stay away from it. Individual buyer who bought such a cue will be, on a broad basis becomes supporter of crimes, ashamed to know that what he has is a counterfeit, and worst of all, there is a good chance that the butt gets warped as time goes by. Those suppliers involving counterfeits normally do not take any responsibilities when something happened at a later date, and run away. They can easily do so, because they normally sell merchandise in Internet Auctions without having shops in Japan, and the victimized people can hardly find their address.